ドイツとフランスの対立

 『ジャン・クリストフ』の主人公であるクリストフは、巴里のアメリカ人ならぬ巴里のドイツ人で、生まれ育ったドイツを去ってパリで生活しています。  両国の関係が悪くなければ平和に生活できますが、その関係の悪化がクリストフの生活に大きな影響を及ぼす場面があります。両国の対立をきっかけに、それまでバラバラだったクリストフの周りの人たちが団結する様子も描かれています。実際にそういうことはあると思います。…

続きを読む

心を生き返らせる音楽

 『ジャン・クリストフ』の主人公であるクリストフは、同じ建物に住んでいながらも直接話すことがほとんどない相手にも影響を与えます。それはクリストフが得意とする音楽によります。  身近な人を失って心が死んだようになっていたある人物が、クリストフの演奏するピアノの音を日々聴く中で心が生き返るような経験をします。そしてそれゆえに亡くなった身近な人への思いも健全になりますが、感動的な記述です。  クリスト…

続きを読む

小正月

 今回は本とは別の話題にします。  今日、1月15日は小正月というそうです。正月のために忙しく働いた主婦をねぎらい、休んでもらう日のようですが、このブログの主は不勉強で知りませんでした。  男性も家事を以前よりもするようになったり、おせち料理を買いやすくなったり、というようにライフスタイルに変化があって、こういう日の意味合いの重要性が薄れているという面はあると思います。それでも、主婦がねぎらわれ…

続きを読む

人と人とをつなぐ者 その2

 『ジャン・クリストフ』の主人公のクリストフが人の間を取り持つ様子の記述が続いています。  大人だけではなく、近くに住んでいる女の子同士が仲良くなるようにも働きかけをします。ただきっかけを作るだけでなく、一緒に駆け回ったりまでしています。そこまで自分をほかの人に近づけたり、子どものようになったりできることが、クリストフの長所のひとつなのだと思います。 にほんブログ村 読書日記

続きを読む

人と人とをつなぐ者

 『ジャン・クリストフ』を読み進める中で、主人公のクリストフを媒介としてそれまで関係が近くなかった人同士が仲良くなっていっています。  普通にしていたら親しくならないような相反する考え方をしている人たちが親しくなる様子には心地良さを感じます。  実際の生活でも、2人では行き詰まってしまうような関係であってももう1人加わることで3人でうまくいくということはあるかもしれません。 にほんブログ村 読書…

続きを読む

決闘

 『ジャン・クリストフ』の今日読んだ箇所では、2人の登場人物が決闘をします。  そのうちの1人は銃の取扱いに慣れていないことから練習をしに行きます。そんな前置きがあったりして、どうなるのだろうと思って読み進めると、意外な決着でした。  決闘の申し込みの場面や、決闘の場所に向かう場面では、特に説明もなく当たり前のように話が進んでいて、決闘とはどういうものかが知られていることが前提になっている記…

続きを読む

親友との関係

 『ジャン・クリストフ』では、主人公のクリストフと親友との関係を中心とした記述がしばらく続いています。  2人には互いに対照的なところもあれば、似通ったところもあります。対照的なところは補完し合い、似通ったところで問題になることがあれば自分のためにはしないことももう1人のためにはする、というような接し方によって助け合うことができています。  関係が始まったばかりで新鮮さがあるからか、うまくいって…

続きを読む

隣国からの刺激

 『ジャン・クリストフ』の今日読んだ箇所では、主人公のクリストフがフランス人の友人とフランス人の性質について話し合っていました。  その中で興味深かったのが、友人の言っていたことです。フランスがドイツから圧迫されたためにフランス人は強くなってきている、というような意味のことを言っているのだと思います。身近な人を戦争で殺されでもしたような人はそのようなことを考えられないように思いますが、隣国との…

続きを読む

成人式

 今回は本とは違う話題にします。  今日は成人の日で、成人式が行われていたと思います。このブログの主は高校生のときにそれまで住んでいたところとは違う市に引っ越してそのまま成人の日を迎え、市内に友人がいなかったことから成人式には行きませんでした。  ところで、成人式が荒れる様子の報道をこれまで目にしてきました。あれはメディアが取り上げるから次につながっているのではないかと思います。メディアがスルー…

続きを読む

目立たぬ人たち

 『ジャン・クリストフ』の今日読んだ箇所でも、主人公のクリストフと同じ建物に住んでいる人たちについての記述が続いていました。これらの人たち皆がクリストフと親しくなることもなさそうですが、けっこう詳しく記されています。  中には両親を失った子を受け入れて育てている人もいるように、それぞれに目立たぬながらも自分にできる良いことをしている善良な人たちがそろっています。しかしながら、相互に親密な関係を…

続きを読む

スポンサードリンク